《 私たちの想い 》

      心地よい「自分の時間」と「自分の場所」のある、満足のいく「暮らし」づくりをお手伝いします。


                アステリスクは施設ではなく、移り住む「わが家」です。

                アステリスクの職員は、施設で働いているのではなく、

           ご入居者の皆さまの自宅におじゃまし、一緒に過ごし、生活をする存在です。

                小さな星を意味するアステリスクと名づけたこの場所で

                 ご入居者一人ひとりが、キラキラと輝く自分の人生を

                    最後まで自分らしく生きていくための

             時間づくり、場所づくり、そして、暮らしづくりのお手伝いをします。

《 私たちのお約束 》

             ① アステリスクにかかわるすべての方に、

               明るく元気にあいさつをします。

             ② ご入居にあたり、支援の方針とその理由を

               ご納得いただけるよう、ていねいにご説明します。

             ③ ご本人、ご家族といっしょに、一般的な「ふつう」よりも、

               その方にとっての「自然」「あたりまえ」を考え、サポートします。

             ④ その日、その時、その方の気持ちに寄りそい、言いたいけれど言えなかった想い、

               願いを引き出すよう声をおかけし、お話をうかがいます。

             ⑤ いつも、ご入居者と同じ目線でものごとを見て、お話しします。

             ⑥ ご入居者のもつ最期の時間へのイメージや想いをご本人、ご家族と

               共有し、そのゴールに向けて、今できることを考え、実行します。

             ⑦ 地域のことをよく知り、地域の一員として、地域の方々との

               つながりを大切にします。